ゆびわものがたり

アクセスカウンタ

zoom RSS そうだto be or not to be

<<   作成日時 : 2007/03/05 00:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

最近「ハムレット」という本を読みまじめました〜♪

今読んでるのは岩波文庫から出てるやつです(ISBN4-00-322049-8)。
この本を読もうとした理由は簡単。
GARNET CROWの「nonsense」っていう曲の歌詞にも使われてるってのを、
前に雑誌の記事で読んだからです(笑)。
僕にとってはGARNET CROWに感化されて読んだ「青い花」に続く第二弾です。

で、この本は第4幕 第2場まで読みました。今、たぶん中盤あたりですね。
もともとは舞台劇用なんですかねぇ?
[退場]みたいなのがあって、最初は読みにくいな〜って思ってたんだけど、
話が進むにつれて面白くなってきました。

登場人物で驚いたのが「オフィーリア」という人の名前・・・。

GARNET CROWファンならピンときた人もいるでしょう♪
「春待つ花のように」の最初の歌詞「哀しみのOphelia」のOpheriaがまさに「オフィーリア」なのです!

・・・GARNET CROWファンの間では、もう常識だったりするのかな・・・?(^-^;;;

GARNET CROWの二つの歌に使われてるこの「ハムレット」。
結末が気になります!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
深夜にばんわ!ヾヾ(*^▽^*)〃〃

「死ぬか生きるか。」ってヤツですね(笑)
自分もGC関連の記事をwebで巡ってた時に知りました(〃ー〃)
そのうち読みたいな〜と、思っているんですが
実際はまだ読んでいません(^^;

で、ハムレットもそうですけど
七さんのおかげ(歌詞等)で自分自身の見聞がかなり広がりますよね♪
こういう事って自分を成長させる上でとっても良い事だと思います(笑)
自分は毎回知識が増える度に七さんに感謝していますヽ(^-^ )

後、最後になりますが「青い花」について全く知らない話だったのでちょっと気になりました( ̄-  ̄ )
タマ
URL
2007/03/05 01:30
私は読んでみたことありますよー。
「春待つ花のように」で「オフィーリア」と出てきていたので気になって調べてみたらハムレットと出会いました。(^_^;)
なかなかすごい話ですよね。終盤が特に。
「to be or not to be」のところは翻訳によって「生きるべきか死ぬべきか」とはなっていないこともあるようですね。私のは違いました。

「青い花」は読んだことがなかったので機会があれば読んでみたいです。

2007/03/05 19:36
青い花なら私も読んだことがあります。
場面があちこち変わったり、色んな比喩が出てきたりで自分にはちょっと難しかったです…。
詩人の脳内を理解するのは並大抵ではないようです(笑)
saga_baby
2007/03/05 23:32
>タマさん
こんばんは〜。

>「死ぬか生きるか。」ってヤツですね(笑)
そうです! ○さんのコメントにもあるように本によっては別の訳し方になってるものもあるみたいです。
この本、僕はもう読み終えてしまったんですが、すごく面白かったです。感想はもう一回読み直した後にでも書こうと思っています♪(笑)

七さんの歌詞は考えさせられるものが多いですからね!
僕は七さんの歌詞でいろいろ救われたような気がしてます(笑)。

「青い花」はかなり長い小説だったので読むのに苦労しました(^-^;

>○さん
○さんはもう読まれてたんですね〜。やはりGARNETつながりですね!(笑) 終盤の展開がすごかったです((( ;゚Д゚)))
僕が読んだ本は「生きるか、死ぬか」でした。いろんな解釈があるそうですよね。

「青い花」も是非読んでみてください♪(^-^)
ゆびわ
2007/03/06 00:30
>saga_babyさん
「青い花」はもう内容をほとんど忘れてしまいましたが(^-^;、いろいろな場面があったのは覚えてます。
理解するってよりはその場面場面を楽しみながら読んでた気がします(笑)。
また借りて読んでみようかな〜?
ゆびわ
2007/03/06 00:31
うぉッ…ISBNコードを見てしまった;;
このコードを登録して貸し出しするんですよね〜図書館。
うちの図書室もそれをやって、むっちゃ苦労でした。
最近の本はバーコードがあるんで楽っすよホンマに。
…話がそれました;;そうやったんすか!!!
ハムレットは読んだことないですね;;
あと青い花も;
機会があれば読んでみたいですねー。

つい最近call my nameの「Rembrant(つづりこんな感じの。)」を電子辞書で調べて画家さんだったと初めて知りましたー。
ヒメノ
2007/03/06 15:15
>ヒメノさん
この「ハムレット」は市内の図書館で借りたんですが、確かにバーコードでピピッとやってすぐに手続き完了しましたよ(^-^)
機会があればぜひ読んでみてください♪ 「ハムレット」は一回目より二回目の方が面白いです。

call my nameの「白い壁とRembrandt」ですね♪ 僕も聞いた当時にネットで検索して知りました。どの絵の事なのかが気になってますが、七さんしか知らないでしょうね・・・(^-^;
ゆびわ
2007/03/06 23:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
そうだto be or not to be ゆびわものがたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる